両親と子供夫婦で暮らす二世帯住宅の特長

二世帯住宅は3つの基本スタイルの住居がある!同居タイプの特長

両親と子供が一緒に生活する二世帯住宅は、食事代や光熱費などが割安になることが多いことや、税金の優遇などのさまざまな利点があり、二世帯でのマイホーム計画を立てる家族もいます。二世帯住宅には3タイプの住宅スタイルがあり、それぞれの特長をよく把握して、両親や子供夫婦ともに快適に暮らせるベストな住まいのスタイルを見つけましょう。同居スタイルの二世帯住宅は、家の構造は通常の一軒家と同じです。生活空間が同じで、キッチンやお風呂、トイレなども共有して使います。世代間のプライバシーが守られにくいところが難点ですが、コミニュケーションが取りやすいことや、親が高齢の場合は急な病気への対応がしやすいという利点もあります。

二世帯住宅の共用スタイルと分離スタイルの特長

共用スタイルの二世帯住宅の場合、両親と子供夫婦の生活空間はできるだけ分けて部屋の構造を整えるかたちになります。玄関やお風呂などの一部の設備は共同で使います。世帯間の距離が程よく取れるので、バランスの良いスタイルと言えるでしょう。 分離スタイルの二世帯住宅は、敷地に2軒建てたり、階数で分けたりと、お互いの生活空間を完全に分けるかたちになります。独立性が高く、世代間のプライバシーが守られることや、お互いに干渉することもありません。しかしながら、建物を別々に建てることや、上下分離でもキッチンやお風呂も別にすれば設備費もかかりますし、1番建築費のコストは高くなります。 自分たちに適したスタイルはどれか?ということを家族皆さんで検討してマイホーム計画をすすめていきましょう。

新築一戸建ての良さとして、プランの自由度が高いことや、税制上の優遇を受けやすいことなどが挙げられます。