誰でも暮らしやすいバリアフリー住宅の特長

設備をひとまとめに集まりやすく

バリアフリー住宅の特長のひとつは、設備をできる限りひとまとめにするということです。高齢者や障碍者にとって、長距離の移動は重労働となることも多いです。また、風呂やトイレといった設備が主な生活の場からは離れていると、冬場にはヒートショックといった健康に関する不安も付きまといます。そのため、できる限り生活に必要となる設備をひとまとめにして、移動範囲をコンパクトにすると苦労も少なく、健康に対する心配も少なくなります。同時に、リビングやダイニングといった皆が集まる場所を、集まりやすい設計にすることも特長のひとつといえるでしょう。全員が自由にくつろげる空間であれば、コミュニケーションもはかどり、障害が進行することを防ぐことに役立ちます。

様々な場面を想定して作る

バリアフリー住宅の特長としては、様々な場面を想定して作られているということもあげられます。家で暮らす人が必ずしも健常者ではありません。家を建てた際には、歩行に困難がなくても、暮らしていくうちに、杖が必要となったり、車いすで生活することになる可能性も大いにあります。このように、今後あり得ることを想定して、その場合の不具合を解消するための作りをしていることが特長といえるでしょう。廊下の幅を車いすで通ることができるようにするほか、廊下や階段に手すりを取り付けるといった工夫が多いです。また、トイレやお風呂を介助者とともに利用することができる広さにするほか、キッチンやリビングのテーブルなどを高さを調節できる仕様にするといった工夫もあります。

分譲住宅とは、業者がまとまった土地を購入・整備して、一戸ずつ分割して販売される住宅のことです。販売用のマンションもこれに当てはまります。