注文住宅の欠陥は保証あり?費用はかかる?

新築の注文住宅は10年保証が受けられる

完成した家が欠陥住宅だった場合、直すのに費用がかかりそうと思えるほどの欠陥箇所の状況であれば、保証は受けられるのか、費用の負担はあるのかなど、さまざまなことが気になりますよね。新築住宅は10年保証という、住宅品質確保促進法によって、国内のすべての新築の注文住宅は構造上の重要な部分については、最長10年保証がされるのが通常です。ですから、施工が原因であれば、さほど費用については心配は不要な場合が多いです。しかしながら、なかには財政的な問題を理由で保証を実行できない業者もあります。また、構造上の欠陥以外の不具合が原因であった場合、この点については依頼した設計・施工業者により保証内容や期間が異なるのでよく確認しましょう。

欠陥トラブルに遭った時に困らないための業者選びのポイント

新築で建てられたばかりの、住んで間もないマイホームに雨漏りや家の傾きがあったなら、大半は構造上の欠陥である場合が多く、10年保証を受けることができます。しかしながら、財政面に弱い業者では保証が難しくなることもあるのですが、そんな時に住宅保証機構に登録している業者であれば、こちらの機構の保険により保証をカバーしてもらえます。ところが、すべての業者が登録しているかと言えばそうではないので気をつけなければいけません。住宅保証機構に登録していない場合は、保証を受けられないので最終的には泣き寝入りになる可能性もあります。ですから、住宅保証機構に登録済かそうでないかは施工業者を選ぶときのポイントになります。

建売住宅では、あらかじめプロ目線で選ばれた仕様や間取りが用意されているため、打合せに時間を取られることがありません。