注文住宅の欠陥についての問い合わせ先

すばやく連絡!欠陥の問い合わせ先とは!?

「完成したばかりなのに雨漏りがしている…」「家が傾いていてドアが閉まらない…」など、注文住宅の不具合が住んでからわかったとき、ショックですし、慌ててしまうこともありますよね。しかし、対処してもらう先へ連絡を入れることは早めにしておいた方がよいでしょう。後回しにしていると、営業時間が終わっていたり、明日が休日ということもあります。対処してくれるところと連絡が取れないと、余計に不安が大きくなるでしょう。

注文住宅でマイホームを建てた場合、欠陥トラブルの連絡先は監理者である建築士やハウスメーカーなど、家づくりの設計・施工をしてくれた業者、又はアフターフォローの問い合わせ先あればそちらへ電話します。早期に連絡しておくことで、業者の営業所が近くにあれば、その日のうちに家に訪問して状況を確認してもらえることもあります。

欠陥住宅を買ってしまわないように、予め注意するポイントとは?

注文住宅を買うときは、できれば欠陥住宅のようなトラブル続きのマイホームを購入したくないと誰もが思いますよね。高い買い物になるわけですから、不安定な家をつかんでしまわないためにも、信頼できる業者を自分達で見つけることが重要なポイントです。 注文住宅は、業者の担当者からデザイン設計をする建築士、工事現場の監督や職人等など、様々な人と関わりを持ちながらマイホームを完成させていきます。こういった家づくりをサポートしてくれる人たちと、家が完成するまでしっかりとコミニュケーションを取り、信頼関係をしっかり築いていくことが大切です。自分達の要望に沿った設計になっているか、設計通りに工事が進んでいるか、不具合はないかなど、完成前から自分たちの目で確かめることで欠陥や不具合の出る家を防ぐことができます。

庭でガーデニングやバーベキューを楽しむことが出来たり、駐車場代や管理費がかからなかったり、ペットが飼いやすかったりなど一戸建て住宅のメリットはたくさんあります